CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
LINKS
BLOG People
OTHERS
SPONSORED LINKS
limΣ::ES*Log
■教員採用試験突破(中学・高校/数学)を企む俺オレBLOG■

4年間の常勤講師生活を経て、奇跡の教員採用試験合格。

<< 演劇。 | main | ゆとり世代。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
生徒指導。
中2が学校で自殺 「原因は生徒指導」両親、提訴へ


 長崎市内の市立中学で04年3月、2年生の男子生徒が校舎から飛び降りて自殺する事件があり、生徒の両親が近く、市の管理責任を問い、9000万円余りの損害賠償を求める民事訴訟を起こす。両親は「原因は生徒指導では」と同市教委に訴えてきたが、納得のいく回答が得られていない。県内ではその後、中高生の自殺が多発。「教育が変わらなければ同じことが繰り返される」と決意した。

 自殺したのは安達雄大君(当時14)。04年3月10日、校内でたばこを持っているのを担任の男性教諭に見つかり、生徒指導中に「トイレに行きたい」と教室を出て、校舎4階から飛び降りた。

 市教委の調査で、雄大君は狭い掃除用具入れの中で担任に注意された後、真っ暗な多目的教室に連れて行かれたことが分かった。多目的教室に「オレにかかわるいろんな人 いままでありがとう」という遺書が残されていたが、密室で何があったかは不明だ。

 両親は第三者機関による調査を求めたが、市教委は担任からの聞き取りなどをしただけで「指導と自殺の因果関係はない」と結論づけている。

 母親の和美さん(44)は「自殺の原因は、思春期の子どもを追いつめるような指導ではないか。裁判は長期化も予想されるが、雄大が残した死の意味を生涯をかけて訴えなければ」と話している。

◆朝日新聞◆2006/08/20

| 教育記事 | 20:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:53 | - | - | pookmark |
うーん…
難しい問題ですよね。

自殺に追い込むほどの生徒指導。
可能なんですかね?
| ゆざー | 2006/08/22 2:51 PM |
いろいろと考えさせられちゃう内容ですよね。。


>『真っ暗な多目的教室に連れて行かれたことが分かった…』

何がおこなわれたんでしょうね…。

| ES☆ | 2006/08/22 10:16 PM |









http://decision.jugem.cc/trackback/1076